2018年6月

1/2ページ

【恵比寿】【限定記事】某店 某嬢 八重歯が可愛いうさぎちゃんのようなガチ若セラピによる王道施術【★5】

まずはお知らせです。 ドラフト表を更新しましたので、是非ともご参考ください。 【おしらせ】私的ドラフト表限定公開 今の所総勢60名ほどおります。 正直調査が追いつかないぐらいです。ご協力頂けますと幸いです。   また、今回からドラフト表の中で★5に行かなかった方には印を付けるようにしておりますので、 そちらも是非調査のお役に立てていただければと思います。   人が増える分少しずつ値段も上がりますので、お早めのご購入をおすすめします。   それでは本編をどうぞ。     ■ エリア : 恵比寿 ■ URL : 限定記事へ ■ 日付 : 6月某日 ■ コース : 90分 […]

続報!【某地域】【限定記事】某店 某嬢 超隠れ家メンズエステで最高の施術とエクセレントな体験【★6】

梅雨もそろそろ終わり、夏の暑い日がやってきましたね。 メンエスポリスは夏が一番嫌いです。   冬は洋服を重ね着することで寒さを極限まで凌ぐことができますが、 夏の暑さは裸になっても暑いからです。 実質抵抗に限界があるのです。   しかし今年はメンエス捜査も始めたことですし、勢力的に取り締まりに訪れるように頑張ろうと思います。 刑事の捜査とは足で稼ぐものですからね。 (駅から)地道に歩いて施術を受け続け、証拠(体験)を積み重ねて行くのです。   最後は地道な捜査が実を結ぶのです。 捜査の鉄則ですね。   少しでも皆様のお役に立てるよう今後も頑張ります。     さて今回は、とある超隠れ家についての続報を書かせて頂きます。 おそらくですが、皆様が一番気になっているであろう記事でございます。   未だに根強い人気を誇る以下の記事ですが、 【某地域】【限定記事】某店 某嬢 超隠れ家メンズエステで最高の施術とエクセレントな体験【★6】 今まで一旦受け付けを停止しておりました。 実質施術を受けに行くことは以前ご購入していただいた方以外は不可能となっておりました。   しかし、続報が入りましたので今回はそちらをご案内させていただければと思います。   超隠れ家なので正直普通の方法や通常ルートではもちろん施術を受けることはできません。 […]

【某地域】【限定記事】某店 某嬢 ガチ若で巨○嬢によるオイルの海に溺れてからの伝説体験【★6】

■ エリア : 限定記事へ ■ URL : 限定記事へ ■ 日付 : 5月某日 ■ コース : 90分 ■ 担当 : 限定記事へ ■ ルームタイプ : ワンルーム ■ 装備 : 横スカ紙P   今回は私の今までのメンズエステ生活の中で間違いなく上位3位に入る体験でした。 […]

【雑記】メンズエステにおいて良かったと思うテクニックまとめ

最近は雑記を書くことが多くなってますね。 このブログもお陰様で見ている人がだいぶ増えまして、 私も読者の皆様に語りかけたいのかもしれません。   今回は少し思考を変えて、体験談というよりも、 今まで私が受けた施術の中で心に刺さったテクニックをご紹介していこうと思います。 もちろん皆様が出来る合法なテクニックです。   受ける側(客)からすれば当たりのお店の指標にお使いください。 施術する側(セラピスト)からすれば、これを実行すれば指名率アップに繋がります。(たぶん)   特にセラピストさんには是非ともご参考にしていただきたいと思います。 (このブログ見てるセラピストさんなんてほぼ居ない気がしますが) 一客としての意見ですので至極嘘はないと思います。   もちろん施術の技術が一番ではありますが、今回お話するテクニックをすべて実行したら、 きっとNo1になれるのではないでしょうか。   お出迎え編 ドアをすでにちょっと開けていて覗いて招き入れてくれる。 はい、まずはこれです。 私はですが、これをしてもらえるとテンションが爆上げです。 セラピストの方も待ち遠しいのかな、早く会いたいのかな、可愛いなと思ってしまいます。 (そんなこと実際は思ってないのは知っていますが、お客に錯覚させるのがテクニックですから) 実際に私は何度か経験していますが非常に良いものですよ。 なんといいますかとても愛嬌がある子だと錯覚してしまい、一気に緊張感が解かれます。   部屋へ招き入れるところからシャワーまで編 手を握って部屋へ案内してくれる。 なにげにこれしない方が多いのですよね。 […]

【六本木】【限定記事】某店 某嬢 若い頃の神田うの似の巨○美人セラピによる至極の施術【★5】

■ エリア : 六本木 ■ URL : 限定記事へ ■ 日付 : 5月某日 ■ コース : 90分 ■ 担当 : 限定記事へ ■ ルームタイプ : ワンルーム ■ 装備 : トランクス紙P   前回のこの記事はちょっと表現が分かりにくかったかもしれませんね。 […]