@再掲載【某地域】【限定記事】某店 某嬢 幼いロリ顔でスタイルムチムチなセラピストの激うまフェザータッチ責めからの壁の無い最高体験【★7】

@再掲載【某地域】【限定記事】某店 某嬢 幼いロリ顔でスタイルムチムチなセラピストの激うまフェザータッチ責めからの壁の無い最高体験【★7】

再掲載記事について

初回公開日 : 2019年07月04日

出勤確認日 : 2020年02月22日

 

こちら再掲載の記事となります。

現在もしっかり出勤していることも確認済みです。

 

また、フィルターも一時的に解除してありますので、是非この機会を逃さぬよう何卒宜しくお願い致します。

 

本編

エリア 限定記事へ
URL 限定記事へ
日付 6月某日
コース 120分
担当 限定記事へ
ルームタイプ ワンルーム
装備 横スカT紙P
衣装 ベビードール下着
OP 衣装チェンジ

 

梅雨はもうあけたのでしょうか?

最近の季節は境目がなく曖昧ですね。

 

まるで、メンズエステの様です。

 

どうも、メンエスポリスです。

 

今回はご報告に入る前に、まず声を大にして言いたいことがあります。

 

よく勘違いしている方が多いのですが、

メンズエステにおいての難易度は他の業界の認識とは違うと私は思っております。

 

私が今まで通った中で培った感覚では、

 

DK > お口 > 85 > 手

 

だと思っております。

 

正直、お口やDKのほうが85よりもできる感じで書いている情報発信者は私は絶対に信用しません。

 

85はいいけどお口は無理なんてセラピスト、私はごまんと体験しています。

85中でもDKはだめなんてセラピスト、私はごまんと体験しています。

 

お口は単純にそこまで風俗慣れしていないセラピストさんのほうが、

人口的にはやはりこの業界ではまだ多いのではないかと推察します。

 

また、DKは女性としてやはり好きな人とだけしたいと思う方が多いのではないかと推察します。

 

これはあくまで私が今までメンズエステに通って感じたことなので、

参考の1つぐらいにしていただければと思いますが、

きっとディープにはまっているエスターの皆様なら、

私が言わんとすることはわかっていただけるのではないかと思います。

 

昨今メンズエステのブログが沢山ある中で、

利用者様がどう選定していくのか。

 

ぜひ、その選定基準の1つになればと思います。

 

なんて持論を繰り広げながら、本日のご報告に参りましょう。

 

今回は、都内なのですが、

私はあまり行かないエリアに挑戦してみました。

 

駅から施術マンションまでは結構距離がありました。

夏が本格化すると、ほんのり汗をかくレベルでしょう。

 

マンションの入り口のインターホンを押し、中に入ります。

 

エレベーターに乗り込み、指定の階へ。

 

なかなか背の高いマンションだったと記憶しております。

 

ドアの前に立ち、息を整え、いざインターホンを押します。

 

ドアが空き、セラピストさんとご対面。

 

まずは、ファーストインプレッションです。

 

なるほど、なるほど、幼いロリ顔の子の登場です。

スタイルは私の好きなムチムチです。

 

私は、OPIがあるなら痩せてる子が好きですが、

OPIが無いなら、痩せている子よりも抱き心地の良いムチムチな子を選びます。

 

今回の子はOPIが無いわけではなく、ちゃんとDはあるので、揉み心地も悪くありません。

 

例えてしまうと多分わかってしまいますので、申し訳ないですが、

詳しいお顔の様子については、限定記事の方へしっかりと記載させていただきます。

 

そんな、笑顔が可愛いロリっ子に案内され、先に料金をお支払いします。

 

ここのお店はOPで衣装チェンジがありますので、

これは必ず頼んでください。

 

やはり、まずはセラピストさんを身軽にするのがゴールへの第一歩です。

 

お着替えを済ませ、シャワールームへ案内されます。

 

今回の装備は横スカT紙Pです。

こんなロリっ子に横スカを扱いきれるのか、この時点ではちょっと心配でしたが、

そんな心配を吹き飛ばすような素晴らしい施術でした。

 

しっかりと身体を洗い、横スカT紙Pをふわっと装着して、いざ施術へ。

 

まずはうつ伏せでの指圧から。

ここは、最初の掴みなのでしっかり会話して仲良くなっておきましょう。

 

バンドの追っかけをしているそうなので、

そういう音楽系のお話ネタがあると心をつかめると思います。

 

続いてうつ伏せでの足のストローク。

この辺からすでにこの子の味のある施術が垣間見れてきます。

 

この時点で優しくTMTMをフェザーでタッチ。

これはなかなか的を得ているフェザーです。

 

フェザータッチってすごくセンスが別れて、

フェザーが上手い人って自分でも何がいいのかわかるので、属性としてMな人が多いんですよね。

(これはちょっとヒントです。)

 

続いてうつ伏せでのカエル足。

ここでの優しくTMTMをフェザータッチでさわさわしてきます。

このゾクゾク感がたまりません。

 

そこから4TBと怒涛の攻撃が始まります。

4TBでもTMTMを優しくフェザータッチで責めてきます。

 

基本この子はつくしちゃんよりもTMTM責めに特化しています。

しかもモロなもみほぐし系ではなく、全てフェザータッチ系での責めです。

 

TMTMフェザー大好きっ子には絶対にマストなセラピストでしょう。

 

当然、フェザーの心得を得ている子は4TBでもふぁさーっとCKBをいじってきます。

 

TMTMとCKBが奏でる旋律は、相当に心地よいものになります。

 

4TBが終わると、再びうつ伏せに戻り背中のマッサージ。

 

この状態でのうつ伏せは正直厳しいので、

今後は施術の順番を変えていただきたいポイントではありますが、

そんなこと言えるわけもないチキンなメンエスポリスです。

 

ただこの潰れた状態ってメリットもあって、

圧迫されることにより、ずっと立ちっぱなしにもできるんですよね。

 

ここからの仰向けが楽しみです。

 

そして、いよいよ待ちに待った仰向け。

 

まずは、仰向けのデコルテから。

デコルテでは当然ながら私の顔にOPIを近づけ、OPIスタンプを繰り出してきます。

 

さらにそのまま、再びCKBへのフェザータッチ。

 

素晴らしいCKBいじりです。

これだけでご飯1杯いけます。

 

そして、下の方に移動し、仰向けの足のストロークです。

 

この辺はあえてTMTMやつくしには触れずにSKBへのフェザータッチ責めをしてきます。

正直、辛坊たまらん状態です。

 

仰向けでのカエル足でも同じです。

TMTMやつくしにはアクセスせずに、周りのSKBをフェザータッチで責めてきます。

 

しかし、それでも私のつくしは完全に天を仰いでいます。

 

ここでようやく仰向けでの中央施術へ。

 

この状態でもSKBフェザー責めのみだったので、

私はここから勝負に出ます。

 

「○○○お願いしてもいいですか?」

 

すると、どうでしょう。

彼女は笑顔で、いいですよと。

 

この時点で私はもう勝利を確信していました。

 

あれだけSKBをいじられ、我慢の限界に来ていた私は、

添い寝になった瞬間からOPIへ手を伸ばします。

 

彼女は何も言わずにSKBをマッサージし続けています。

 

それならばとOPIの中心へ手を伸ばして、いじいじ。

 

だんだんと彼女も感じ初めて来ます。

特に拒む素振りはありません。

 

ここまで来たら、その大事な果実をぱくりっ。

 

そして彼女をゆっくりと寝かせつつ、だんだんと下にさがっていきます。

 

私の目の前には、彼女の大事な秘密の花園が広がっています・・・。

 

ここから先は限定記事への記載とさせてください。

この先の展開には少しコツがいりますので、そこは限定記事に記載させていただきます。

(おひねりとかではないのでご安心ください。)

 

店名と嬢名と内容についてはこちらの限定記事からどうぞ(BOOTH)

※ BOOTHのほうがワンコインお得

店名と嬢名と内容についてはこちらの限定記事からどうぞ(FC2ブログ)

※ フェザータッチがうまいロリっ子のため、一定数行きましたら制限をかけさせていただきます。何卒ご了承くださいませ。

※ 大変好評につき、制限をかけさせていただきました。何卒ご了承くださいませ。

※ 再掲載につき、一時的に制限を解除しました。何卒宜しくお願い致します。

 

今回も、残念ながら取り締まりに失敗してしまいました。

 

とにかく幼くてロリ系なんですが、非常にフェザータッチの技が良かったですね。

更に素晴らしいのが、やはり直接彼女のぬくもりを感じることができたところですね。

 

そして、なにより笑顔がとても可愛い子でした。

 

これからの伸びしろも十分にあると思いますので、

大切にしてあげてください。

 

次回か、その次になるかと思いますが、

またちょっといつのもご報告とは違った記事をあげさせていただこうかと思っています。

 

それではまた、次のご報告でお会いいたしましょう。

 

おいた ★★★★★
ルックス ★★★☆☆
スタイル
★★★★☆
ホスピタリティ ★★★★☆
マッサージ ★★★★★
キワ度 ★★★★☆
総合 ★★★★★★★

 

 にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ