(2021/09/12 出勤確認済み)【総武線沿線】【限定記事】某店 某嬢 細身ですらっとした妖艶な美魔女なのに潮を大量に吹いてしまうほど濡れやすく感じやすいセラピストさんとの壁の無い最高体験【★7】

(2021/09/12 出勤確認済み)【総武線沿線】【限定記事】某店 某嬢 細身ですらっとした妖艶な美魔女なのに潮を大量に吹いてしまうほど濡れやすく感じやすいセラピストさんとの壁の無い最高体験【★7】
エリア 限定記事へ記載
店名 限定記事へ記載
日付 8月某日
コース 120分
担当 限定記事へ記載
年齢
30代前半
ルームタイプ ワンルーム
装備 限定記事へ記載
衣装 ベビードール + 下着
OP 無し

 

※ 2021/09/12 出勤確認済み

 

もうすっかり夏で、連日35度を超える日も増えてきましたね。

夏になるとやはり、冷たいシャワーを浴びたくなります。

 

この暑く、汗をかいた身体にひんやりと染み込んでくる流水。

最高ですね。

 

ですが、それは一般人の話です。

では、私達エスターはどうするのか?

 

そうです、メンエスで冷たいシャワーを浴びればいいのです。

それも、セラピストさんから出る、天然の冷たいシャワーを。

 

そうです、今回の記事は久々に、潮体質の素晴らしいセラピストさんをご紹介させていただきます。

やはり、夏といえば潮吹きですよね。

 

男であれば、潮を吹かせるというのは男という尊厳を守るための非常に重要な儀式といっても過言では有りません。

ですが、ただでさえ、数少ない過剰できるセラピストさんから、更に潮が出やすい体質のセラピストさんとなると、本当に一握りで、星を掴むような確率です。

 

私も、これだけ長くメンエスに通っていますが、潮が吹けるセラピストさんは指で数えるぐらいしか出会っていません。

そんな、貴重なセラピストさんを今回、この暑い夏にかけて、特別に開放しようと思います。

 

皆様もしっかりと、シャワーが浴びれることを願いつつ、本日の捜査記録に移りましょう。

 

 

この、捜査に赴いた日も、日差しが強く、カンカン照りの日でした。

駅から降り立ち、指定の場所に行くまでに、もうすでに頭が焼けそうに照りってました。

私は、ただでさえ頭を守るものが少ないゆえ、紫外線がちょくに頭に降り注いでくるわけです。

 

なんとか、日陰ルートを駆使し、所定の場所で再度電話をすると、

マンションと、部屋番号を教えていただきます。

 

案内されたマンションの前につき、見上げてみると中々よいマンションです。

結構、高級チックでお店が繁盛していることが伺えます。

 

これなら、お部屋も期待できそうです。

 

マンションの入り口のインターホンを押し、自動ドアを明けてもらい、エレベーターに乗り込みます。

エレベーターで指定の階へ。

高級そうなだけあり、結構な高さがありました。

 

案内された部屋番号の前に立ち、息を整えていざチャイムを鳴らします。

 

すると、中から妖艶なセラピストさんが私をお出迎えしてくださいました。

 

まずは、ここでファーストインプレッションです。

 

ルックスですが、妖艶と言っているわけですから当然大人のお姉さんな方です。

美魔女な感じで、可愛い系ではなく、断然に綺麗系です。

 

まさに、妖艶で綺麗な大人のお姉さんという表現がふさわしいでしょう。

非常に落ち着いていて、大人の癒やしを感じます。

マンションの風貌ともマッチしていると言えますね。

(ここのマンションに行けば分かります。)

 

続いて、スタイルですが、細身ですらっとしています。

身長もそこそこ、高いので、それもあいまってスタイルが良く見えるんだと思います。

全然、贅肉がまったくなく良い身体だと思います。

ジムとか言ってそうですが、実際に言ってるとは聞いておりません。

 

OPIの方は少し小ぶりでCからDぐらいです。

ですが、当然のごとく感度は良好です。

(これは勿論あとで分かります。)

 

お部屋に案内され、まずはお支払いから。

こちらのお店は特にOP等は無かったので、そのまま金額をお支払いします。

こういう明瞭なのは更に好感が持てますね。

 

最近は、お店に行ってから高額なOPをぶんどっていくお店も多いですから。

まあ、たしかにその分過激なのは良いのですが、メンエスはそれが全てではないのに、過激であればいいんでしょ?感が伝わりすぎるのも、

如何なものかと私は最近思います。

やはり、メンエスは奥深いエロ、そしてその先にあるハプニング的な最高体験、この流れが揃って初めて素晴らしいと言えるのではないでしょうか。

 

お会計を済ませ、着替えに入るも、今回のセラピストさんは結構物静かな対応のようで、そこまで会話は有りませんでした。

正直、最初のこの時点では自分は結構不安でした。

あまり仲良くなれなさそうで、このまま何もなく終わってしまうパターンなんじゃないかと・・・。

 

一抹の不安を抱えつつ、シャワールームへ。

今回の装備は少し特殊なので、限定記事へ記載させていただきます。

 

しっかりと、身体を洗い、とある装備を履き、いざ施術ルームへ。

 

まずは、うつ伏せでの指圧から。

しっかりとした指圧で中々上手いです。

 

ですが、時がゆっくりと流れるこの時間。

特に、会話はありません。

 

私は良く、セラピストさんの出方を伺ってそれに合わせるようにしております。

しっかりと、最初から話してくれるセラピストさんにはある程度自分からも打ち解けるための話題を振り、仲良くなる様に努めますが、

集中して施術したいセラピストさんも実はいたりして、特に話そうとせず、しっかりと施術するタイプであれば、私はそのセラピストさんに身も心も委ねて堪能します。

 

今回は、後者の方のようで、メンエスの施術の癒やしに集中することにしました。

特にセラピストさんからも話しかけてくる様子は無かったので。

 

ただ、これは逆に言うと仲良くなるチャンスも失いかねないので結構危険な場合もあります。

私も、このままいって果たして、おいた出来るのだろうか・・・とちょっと不安になりながら施術を受けています。

 

指圧が、終わり続いてうつ伏せでの背中から。

ゆっくりとオイルを使ってほぐしてくれます。

ですが、このまったりとした流れる時間も悪く有りません。

 

不思議と、特に会話をしなくても癒やされる、これが大人のお姉さんの魔力なのでしょうか。

 

その後は、うつ伏せでの足のストロークへ。

ここからようやく、少しずつTMTMをかすめていき、メンズエステらしくなってきます。

 

そこから、そのままうつ伏せでのカエル足へ。

ここから、TMTM擦りはあるのですが、この方特有の責めがここで発動します。

完全にANRを責めてきます。

リトポリには見向きもせず、ひたすらにANR推しです。

これはこれで、中々一興だと私は思いました。

 

このまま、4TBで更にANR責めかと思いきや、仰向けコールです。

 

私が、仰向けになり、彼女が私の頭の上に来てそのままデコルテへ。

この辺から、一気にエロい雰囲気がましてきます。

デコルテというよりも完全に無言のCKB責めです。

 

この静まり返った部屋に、私の喘ぎ声が響き渡ります。

 

そして、今度はそのまま私の頭上を通過して、69状態へ。

すると、彼女は完全に私のリトルポリスを掴み4545してくるではありませんか。

 

そして私は更に衝撃的な事実にここで気づきます。

彼女は69になる際に、私の手が自由になるようにあえて私の手を押さえつけないポジションを取っていました。

 

それならばと、私は目の前にある彼女の秘密の花園へと手を伸ばしていきます。

するとどうでしょう。

完全に濡れ濡れどころか、ちょっと滴ってるレベルで濡れています。

あまりのエロさに私は中の具合も確認すると、相当に大洪水になっていて、この時点で少しピュッと何かが出ていました。

 

私は、このまま彼女のシャワーを少し堪能し、ここでようやく添い寝のお願いをすると、

なんと、快く受け入れてくれるではありませんか。

 

早々に、彼女を横にしてそのまま再度CKBから順々に責めていきます。

そして、彼女の秘密の花園再度手をあてがいTMNすると、どうでしょうか。

 

今まで上になっていたから我慢していたのか、一気にプッシャーと潮が溢れ出てきます。

そのまま、彼女は感じながら逝ってしまったように見えました。

 

ここまで感じて貰えたらもう、進むべき道は1つしかありません。

私はそのまま疲れ果ててぐったりしている彼女を正◯位の体勢にし・・・。

 

ここから先は限定記事への記載とさせてください。

 


店名と嬢名と内容についてはこちらの限定記事からどうぞ(Gumroad) 

※ Gumroadの方がワンコインお得

店名と嬢名と内容についてはこちらの限定記事からどうぞ(FC2ブログ)

※ 潮が吹ける貴重なセラピストさんなため、一定数行きましたら制限をかけさせていただきます。何卒ご了承下さい。

 

今回も残念ながら取り締まりに失敗してしまいました。

 

久々に、潮を吹く素晴らしいセラピストさんに出会えて私は大満足でした。

しかも、その潮を吹いて逝ってしまった敏感な秘密の花園を壁無しで堪能できるというところも最高に素晴らしいポイントですね。

 

あとこれはおそらく私の予想なのですが、1つ、潮が吹きやすいコツがあると思っております。

こちらに関しては、限定記事へ記載させていただきますので、是非読んでみて下さい。

 

あまり、会話はしなかったですが、それでも十分寛容度は高いと思います。

逆にしっかりと施術を感じ取っていたのが、功を奏したのかもしれません。

 

本当に、セラピストさんは十人十色です、それぞれに攻略法があり、これが正解だというものは1つとしてありません。

だからこそ、メンズエステというのは奥深く、そして飽きないのかもしれませんね。

 

やはり、この蒸し暑い夏は、天然のシャワーに限ります。

是非、皆様もこの天然のシャワーを浴びに逝ってみて下さい。

これこそが、夏の情緒というものだと私は思います。

 

それでは、また次回の捜査記録でお会いしましょう。

 

おいた ★★★★☆(CKB舐め、TMN、KN)
ルックス ★★★★☆
スタイル
★★★★☆(CからD程度)
ホスピタリティ ★★★★☆
マッサージ ★★★★☆
キワ度 ★★★★☆
総合 ★★★★★★★

 

 にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ